車を売るなら交渉によって金額が変わることを知っておく


相手の言い値で売らないように

車の売買のように大きな金額が動く取引に慣れているという人は多くありません。そのため、車を売った経験がない人は相手の提示してきた金額そのままに売ってしまうこともあります。しかし、車の売買は交渉ひとつで金額が大きく変わってくるので、相手の言い値で売ってしまわないようにしましょう。売り手が高く売りたいように買い手は安く買いたいと考えています。ましてや商売として車を買取しているのであれば、売れ残りのリスクもありますから、売り手よりもシビアになります。

そのため、100万円まで出せると判断した車でも最初は80万円や90万円と言ったところから提示をして様子を見てきますから、交渉もせずに言い値で売ってしまうと損をしてしまうというわけです。

相場をよく調べて複数社から査定をしてもらう

交渉が重要と言っても知識のない素人が、百戦錬磨のプロ相手に対等な交渉をするのは難しいものです。しかし、今の時代は便利なもので車の買取相場を簡単に知ることができますから、最低限これぐらいの金額で取引がされているということを事前に抑えておくことができます。それを踏まえた上で一つの業者だけでなく複数社から査定を受けて、金額の比較をし事前に調べた相場情報を元に交渉をすれば、最高値で売ることはできずとも安く売ってしまうことは避けられ、相場以上の金額で売ることは難しくありません。

最低限この二点を抑えておけば、プロの相手との交渉を渡り歩くことができます。即決だけはしないように気をつけて、じっくり話を聞くだけで車は高く売ることができます。

中古車を少しでも高く売却するためには、売りに出す時期を見極めることが重要になります。売却するのにオススメの時期としては、多くの買取店が決算期を迎える影響で買取を強化しやすい3月と言われています。

Close